岐阜県本巣郡北方町北方10-1/腰痛・膝・肩・首の痛み、美容・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ整体 痛みのお悩みはボディメンテナンス北方接骨院・整体院まで

足関節捻挫

  • HOME »
  • 足関節捻挫

足関節

 

<足関節捻挫とは>

【足関節捻挫】は、スポーツや日常生活で足を変な向きに捻ってしまったことにより、足の関節を構成している靭帯や関節包などが損傷してしまうことです。

関節部jiko_nenza分の血管が傷つく内出血腫れなどの症状が出ます。

捻挫は身体のどの部位でも起こる可能性がありますが、足関節捻挫は身体の中で最も多く発生し、特に内に捻る内返し捻挫が多くみられます。

 

内返し捻挫をすると

足首の外側に腫れ、場合によっては内出血が起こることもあります。

■外返し捻挫をすると

内側に腫れ、内出血が起こります。

足関節捻挫は、急性外傷(急な怪我のこと)としては最も頻度が高くなっており、靭帯断裂や骨折などが起こることもある重症度の高い怪我です。
 

▪■足関節捻挫はなぜ起こるの?■▪

スポーツや日常生活の中でも、急に負荷がかかってしまったり、些細なことで怪我をしてしまうことはよくあることですが、

体の関節の動きが悪い状態のままスポーツや日常生活を送っていると、怪我をしやすいと言われています。

つまり症状を放置することで捻挫をしやすくなってしまうのです。

 

 

▪■足関節捻挫を放っておくとどうなるの?■▪

整形外科や病院などの医療機関のレントゲン検査を行い「骨に異常はない」と診断された際でも、「あくまでも骨折はしていない」という意味合いであり、筋肉・関節・靭帯などの軟部組織は損傷している事は多いにあり得ます。

捻挫をすると

中で出血を引き起こす

→たんぱく質が流れ、筋肉が固まって、他の健康な筋肉まで影響を及ぼす

怪我は悪化

→損傷部がかさぶたの様な固まった組織になる

     

 このようなことが起こる可能性があるのです!

 

 

そのため、最も重要なのは早期に適切な治療を受けることです。

早い段階で適切な処置や治療を行わなければ、痛めた筋肉・関節・靭帯などの軟部組織が完全に治らずに慢性化し、軟部組織の強度や柔軟性等の機能が低下した状態になるだけではなく、身体のバランスが崩れ他の部位にも影響を及ぼすことも考えられます。

このような状態になってしまうと、本来ならば耐えられる外力に対しても、耐えられず、再負傷しやすくなってしまいます。後遺症という形で、長年、付き合っていくことになってしまうのです。

5年後、10年後に後遺症として苦しむことがないように、早い段階から適切な治療を受けられることをオススメします。

 

<岐阜 ボディメンテナンス北方接骨院・整体院 足関節捻挫の施術法>

まずはしっかりと問診をさせていただき、検査にて足関節の損傷状況を診ていきます。

また、捻挫直後は炎症反応が起こるのでRICE処置が不可欠です。

 

◆RICE処置とは・・・
4つの処置の頭文字をとったもので、
R(rest)休息
I(ice)患部を冷やす
C(compression)患部を圧迫する
E(elevation)挙上する

 

骨、靭帯や筋肉など怪我をしている組織には回復を早めるための電気治療を行い、組織の修復、治癒力を高めます。

損傷部位における筋組織、靭帯組織を正常な状態にまで近づけた上でテーピングや包帯で固定もしていきます。

そして痛みが軽減してきたら自宅で出来るストレッチなどもお伝えしていきます。その時の痛みだけを取っておしまいではなく、今後も再負傷しにくい身体作りを目指していきます。

 

足関節捻挫でお悩みの方は、

お早目にボディメンテナンス北方接骨院・整体院へご相談ください!!

 

<岐阜 ボディメンテナンス北方接骨院・整体院>
<施術の流れ>

flow1

1.問診表をお渡しいたします。
2.ご記入していただいたら、患者様お一人お一人のお体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。
3.お体の状態を検査していきます。

flow2

4.患者様のお体の状態や痛みに合わせて施術を行っていきます。
5.今後の施術の方針や提案を丁寧にご説明いたします。
6.本日の施術は終了となります。お大事になさってください!

お問い合わせ・ご相談はこちら
info
PAGETOP
Copyright © 北方接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.