岐阜県本巣郡北方町北方10-1/腰痛・膝・肩・首の痛み、美容・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ整体 痛みのお悩みはボディメンテナンス北方接骨院・整体院まで

足底腱膜炎

  • HOME »
  • 足底腱膜炎

足底

 

<足底腱膜炎とは>

足底腱膜とは足の裏にある腱膜のことで、土踏まずを保持し地面からの衝撃を吸収するクッションの役割があります。

【足底腱膜炎】とはその足底腱膜に起こる炎症で主にランニングが趣味の方や立ったり歩いたりする動作の多い中高年の方に多い症状です。

また、若い方でもスポーツ選手や立ちっぱなしの仕事をしている方もなりやすいです。rikujou_man_tankyori

特に、剣道・卓球・陸上のスポーツは、「足の裏に繰り返し強い衝撃を与え続ける」競技となるので、強い衝撃によって足裏の筋肉が硬くなり痛みが起きやすくなってしまいます。

 

 

また、肥満などで歩行時や起立時に常に足に負荷がかかっている方も注意が必要です。

日常生活による疲労の蓄積の観点から、長時間歩き続ける営業マンや長時間立ち続ける受付のような仕事をしている方、子育て中の方、引っ越し屋さんなど重さのあるものを持って生活している方にも見られる症状です。

足底腱膜炎は、足底腱膜に痛みが現れる場合と、足底腱膜の付着部である踵に痛みが現れる場合とがあります。

 

<足底腱膜炎はなぜ起こるの?>

足裏に疲労が蓄積していくと足の動きが悪くなり、その状態で動き続けるとどんどん筋肉が硬くなっていきます。

足底腱膜炎の原因は、この硬い筋肉を動かし続けることでかかる過剰な負荷で、これが痛みを起こしてしまいます。

また、足底腱膜自体に炎症が起こっていなくても、足底やふくらはぎの筋肉の血流が悪くなっていることが原因となる場合があります。

血流が悪くなった状態では、筋肉に必要な酸素や栄養素が行き届かなくなり、筋肉が酸欠状態になってしまいます。

酸欠になった筋肉は柔軟性のない硬い状態になるため付着部に牽引力を与え炎症を起こしてしまうのです。

 

<岐阜 ボディメンテナンス北方接骨院・整体院 足底腱膜炎の施術法>

足底腱膜炎は、炎症症状(腫れ・熱感)があるうちはアイシングや安静が大切です。しかしながら、足底腱膜炎は日常生活での負担が原因となって起こるので、原因となっている筋肉そのものの状態を改善していくことが必要となってきます。

 

①問診・検査
足裏の痛みがでている箇所の原因を問診や検査により、医学的観点から明確にしていきます。
そして痛みが生じる足裏だけの検査だけでなく、全身の骨格や筋肉、関節などを診て痛みの有無や動きを把握していきます。

 

②治療
足裏のアーチなど痛めている箇所には電気治療なども行っていきます。また、筋肉に必要な酸素や栄養素を送り込むために筋肉の血流を改善することが必要になってきます。
そのために、ボディメンテナンス北方接骨院・整体院で行っている鍼治療なども併用して行ったりしていきます。

炎症が強い、または慢性化している際は、患者様の症状や生活環境に合わせてテーピングやサポーターなどもしていきます。

 

局所的な治療はもちろん、全身の骨格や筋肉を診て治療していくことにより、より治りやすい身体づくりをしていくことが可能です。

足底は日常生活を送る中で休めることは難しいので、患者様の症状に合わせ自宅で出来るケア方法なども丁寧にお伝えしていきます。

足底の痛みや違和感でお困りの方は、ボディメンテナンス北方接骨院・整体院へご相談ください。

根本から痛みや悩みを改善していき、健康的な身体づくりをしていけるようボディメンテナンス北方接骨院・整体院スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます!!

 

<岐阜 ボディメンテナンス北方接骨院・整体院>
<施術の流れ>

flow1

1.問診表をお渡しいたします。
2.ご記入していただいたら、患者様お一人お一人のお体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。
3.お体の状態を検査していきます。

flow2

4.患者様のお体の状態や痛みに合わせて施術を行っていきます。
5.今後の施術の方針や提案を丁寧にご説明いたします。
6.本日の施術は終了となります。お大事になさってください!

お問い合わせ・ご相談はこちら
info
PAGETOP
Copyright © 北方接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.