岐阜県本巣郡北方町北方10-1/腰痛・膝・肩・首の痛み、美容・骨盤矯正・交通事故治療・スポーツ整体 痛みのお悩みはボディメンテナンス北方接骨院・整体院まで

脊柱管狭窄症

  • HOME »
  • 脊柱管狭窄症

nayami_sekichu

<脊柱管狭窄症はなぜ起こるのか?>

脊柱管狭窄症とは・・?脊柱管狭窄症1

様々な原因で骨・関節・靭帯・椎間板などが変形、肥厚し、脊柱管が狭くなることにより、神経を圧迫。
血行を阻害することにより症状があらわれます。

脊柱管狭窄症と聞くと、足の痛みやしびれを思い浮かべる方も多いと思います。
しかし、腰だけの痛みや足だけにしびれが出る場合や、あまり症状が出ないという場合も・・。

そのため、少しでも気になることなどありましたら放置せず、できるだけお早目に受診されることをオススメいたします。

■■脊柱管狭窄症の症状■■

-間欠性跛行-
代表的な症状として間欠性跛行があります。
これは下肢、殿部周辺のしびれ、痛み、脱力感が立っている時や歩行時に発生するものです。しびれや痛みがあり、歩くのを中断して短時間休憩すると回復して歩行ができるようになる状態を間欠性跛行といいます。

この症状をお持ちの患者様のお話によると、買い物をしていて長時間歩いていると足やお尻がしびれて痛くて歩けなくなると伺いました。

このような症状をお持ちの方は
↓↓↓
■休憩しながら歩くことにより痛みやしびれの緩和
■歩行時に杖をついたり、お買い物中はカートを押して歩くと〇
■前かがみ姿勢になることで、背骨が真っ直ぐになり隙間ができ、痛みの緩和
■自転車に乗る時、前かがみになるため移動手段として使用したり、下半身の運動にもなるのでオススメ★★★

 

-坐骨神経痛-
腰椎椎間板ヘルニアなどと同様に坐骨神経痛を引き起こす原因の一つとも言われています。一般的に、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛では腰を後ろに反らした時に症状が悪化し、逆に腰椎椎間板ヘルニアでは前かがみになった時に坐骨神経が引っ張られ、症状が悪化する傾向にあります。
脊柱管は背骨の真ん中にあり、脊髄と馬尾神経という神経が通っています。
脊柱管が狭くなることで馬尾を圧迫し、腰痛やお尻から足にかけてしびれが出ます。

生まれつき脊柱管が狭い場合もありますが、ほとんどが加齢に伴い脊柱管が狭くなり症状を引き起こします。

このような症状をお持ちの方は
↓↓↓
■重たい物を持たない
■長時間同じ姿勢をとらない
■激しい運動はやらない
■インナーマッスルを鍛える
■体を冷やさない

冷えは厳禁!

脊柱管狭窄症の症状の1つでもある「坐骨神経痛」は冷えに非常に弱いため、症状改善には体を温めることをオススメしています。
ボディメンテナンス北方接骨院・整体院ではラジオスティムという電気治療がございます。

筋肉や脂肪層まで届く高周波により、体内の水分や細胞分子などを振動させてジュール熱(摩擦熱)を発生させます。
体全体の温度を内側から上昇させることで代謝を活性化させます。
手技では届かない体の深部の頑固な凝り、痛みといった筋緊張を緩和することも期待できます。

【ラジオスティムの効果】img20160126185344137086

◇新陳代謝の促進
◇血液、リンパ循環の改善
◇筋肉痛の緩和
◇関節可動域制限の改善
◇免疫力向上
◇交感神経の緊張緩和(ストレス軽減)
◇生活習慣病の予防

気になる方は、お気軽にスタッフにお問い合わせください。

 

 

<岐阜 ボディメンテナンス北方接骨院・整体院>
<脊柱管狭窄症の施術法>

当院では、腰椎の正しい動きや正しい構造になるための施術を行います。

また、姿勢を維持する筋肉(中殿筋・ハムストリングス・腓腹筋)などに起こる筋肉の血流不足、酸欠状態などを適切に見つけ治療を行い、お尻から足にかけての痛みやしびれの症状を改善していきます。

整形外科などで手術を勧められたけれど手術はしたくないという方や、他の接骨院・整骨院で施術を受けたけれどあまり良くならないという方でも、是非一度当院にご相談下さい。

 

<患者様の声>

脊柱管狭窄症3-北方町 T.M様 60代(脊柱管狭窄症)-

お尻から足にかけての痛みとしびれがあり、病院へ行ったところ腰部脊柱管狭窄症と言われ、手術もすすめられました。手術は最終手段として、まずは手術しない方法でどうにかならないかと悩んでいた時に、近所の北方接骨院が思い浮かび来院しました。

初めにしっかり症状を聞いてくださり、痛みやしびれが出ている原因を突き止めて適切に施術を行ってくださいました。そのおかげで、今では痛みとしびれが改善してきて歩くのも楽になってきました。諦めず北方接骨院にお世話になって良かったと思っています。※

院からのお返事

T.M様,お声ありがとうございます。手術するという方法もございますが、筋肉の緊張をほぐしたり、ストレッチをすることで症状も和らぎやすいです。脊柱管狭窄症では、坐骨神経症もあります。そのため、痛みだけではなくしびれにも悩まされます。

今後も定期的に筋肉の緊張をほぐしてお体が少しでも楽になるように一緒にがんばりましょう。

 

 

脊柱管狭窄症2-岐阜市 T.H様 70代(脊柱管狭窄症)-

長い距離歩こうとすると足に痛みとだるさが出てきてしまい、歩くのもしんどくなっていました。年齢も年齢なので、しょうがないかと思っていましたが、家族にすすめられ北方接骨院にお世話になることにしました。最初は不安でしたが、担当の先生をはじめ他のスタッフのみなさんも親身になって、症状の改善に向き合って下さっているのが伝わり、こちらも頑張って通うことが出来ました。症状も、少しずつではありますが良くなってきているので、これからももっと良くなっていくことを期待してお世話になりたいと思うので、よろしくお願いします。※

院からのお返事

T.H様,長時間の歩行は脊柱管狭窄症の方にとっては辛いですよね。お買い物やどこかへ出かけたくても、痛みやしびれにより歩けないのは本当に大変だと思います。体の筋肉バランスも大切になってくるため、骨盤を整えながら体幹の筋肉を鍛えていきましょう。

 

脊柱管狭窄症1-本巣市 T.K様 70代(脊柱管狭窄症・腰痛)-

腰の痛みが強かったのでどうにかならないかと思い来院しました。根本治療ということで、症状が出ている所だけでなく、施術をして下さるのでやってもらった後は、とても満足感もあります。初めにしっかり詰めて通っておくことが大事だと聞いたので、そのように通っていくうちに、段々と腰の痛みも落ち着いてきました。足のしびれなどもありましたが、それも落ち着いてきているのでありがたいです。院内は清潔感もありますし、スタッフのみなさんも温かく接してくださるので、とても通いやすいです。このまま定期的に身体のケアもしていった方がいいということなので、これからもお世話になりたいと思います。※

院からのお返事

T.K様,お声ありがとうございます。痛みがあるところだけではなく、頭から足先までほぐします。筋肉は繋がっているため、関連して硬くなってしまうことがあります。症状がある時は詰めて通うことでより早く改善していきます。今後もよろしくお願いします。

※掲載されている内容は患者様個人の感想です。

 

腰痛には様々な原因があります。
お困りの方はボディメンテナンス北方接骨院・整体院までご相談下さい。

 

<岐阜 ボディメンテナンス北方接骨院・整骨院>
<施術の流れ>

flow1

1.問診表をお渡しいたします。
2.ご記入していただいたら、患者様お一人お一人のお体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。
3.お体の状態を検査していきます。

flow2

4.患者様のお体の状態や痛みに合わせて施術を行っていきます。
5.今後の施術の方針や提案を丁寧にご説明いたします。
6.本日の施術は終了となります。お大事になさってください!

お問い合わせ・ご相談はこちら
info

 

PAGETOP
Copyright © 北方接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.